介護から保育に

私の前身は介護士です。介護の学校を卒業した後、4年間ほど介護職に就いていましたが、日々の業務の中で、いつしか「子 どもに関わる仕事がしてみたい」という気持ちが芽生え、チャイルドマインダーの資格をとってみることにしました。

小規模保育に魅せられて

資格を取得した後、無認可保育園で4年くらい保育の仕事を経験しました。
やがて小規模保育の存在を知り、深い関心を寄せるようになりました。そして出会ったのが、現在勤務している小規模保 育園の求人です。迷わず応募しました。

思い描いた保育との出会い

そこでは園長兼管理者という立場で配属されることになり、自分のやりたいと思ってきた「一人ひとりの子どもにきめ細 かく接する保育」を経験することができました。
毎日、子どもと接しているときは無心になれて、とても楽しいです。個人的にはひとりでチャイルドマインダーの活動をするより、何人かの先生といっしょに小規模保育を展開する方が、たくさんの子どもの個性に触れられる上、自分らしい保育も両立できるので、合っていると思います。

将来現役を目指す

年齢とともに、生活スタイルが変わるものですが、チャイルドマインダーは年齢制限もなく、いつでも始められて、いつ までも続けられる専門的な資格だと思っています。もう少しキャリアを積み、自分のライフスタイルに合うようになったら、 在宅チャイルドマインダーの開業も視野に入れた活動を目指して頑張りたいと思います。