優しく接してくれた保育園の先生への憧れ

私は小さいころから親が忙しく保育園で過ごす時間が長かったので、優しい保育園の先生が大好きでした。今でも幼少期の保育園での思い出がたくさんあります。妹がいて、面倒をよくみていたのもあり、保育園の先生になりたいと考えていました。

保育士からチャイルドマインダー資格を取得

短大で保育の勉強をして、保育士資格を取得しました。保育園でのアルバイトをしながら、短大卒業前にチャイルドマインダーの資格を知り、取得をすることに決めました。
大人数の保育では限界のある、一人ひとりの子どもに寄り添う保育したかったので、チャイルドマインダーの家庭的保育のスタイルに憧れていたからです。アルバイトをしながら通学で資格をとることにしました。

通学で出会えた仲間、そしてお仕事

通学にしたのは、他の人と直接出会ったり、直接先生から学びたいと思ったからです。 通学途中で保育所がオープンするので、家庭的保育園での勤務をしないかという声掛けをもらいました。働きながら資格を取得することになり、資格取得まで半年くらいかかりました。
今の保育園は、オープンから6年間勤務していますが、小規模保育で子どもに寄り添える環境は魅力だなと思っています。
おととし娘を出産し、1年間の産休・育休をもらいました。8月には第二子を出産します。チャイルドマインダーの資格をNCMA,Japanで取得したことで、保育資格だけではできなかった経験ができ、目指していた子どもの心に寄り添う保育ができたことは良かったなと思っています。
これからも大好きな子どもに関わる仕事をし続けていきたいです。