Greeting 代表者挨拶

代表者挨拶

代表者挨拶

NCMA,Japanでは、厚生労働省のガイドラインに準拠し、家庭的保育に特化した専門知識と技術を学べる通学および通信講座の教育を提供しています。
当校では、優良な家庭的保育者を目指す5つのポイントとなる『安全の確保』・『健康と衛生管理』・『発達(学習)支援』・『達成と楽しみ』・『福祉の充実』といった、実践に役立つメソッドを基礎から総合的に学べます。この独自のメソッドは、英国政府の資金で英国NCMAが開発したものであり、日本においては、1996年よりNCMA,Japanが独占使用権を認められ、2014年からは英国ICM(英国NCMAは変革を遂げ新たな組織となった為)との連携により提供しています。
更にNCMA,Japanは、チャイルドマインダーの専門研修を修了され、資格を生かして働く人々をサポートする「キャリアセンター」を設置しています。
またイギリスのエリザベス女王が援助する国際職業能力評価機関の日本初のセンター(ncfe/cache)の役割も担っております。
少子高齢時代を迎え、従来の保育制度だけでは子育て支援が十分に機能しない事態が発生しています。21世紀の日本の子育て環境は、日々目まぐるしく変化しており、チャイルドマインダーの活躍の場が大きく広がっています。家庭的保育者の「量と質」が求められる中、安心安全な家庭的保育を実現できる質の高いチャイルドマインダーを、日本全国の社会に多く輩出することに専心しています。
次世代の子どもたちの育成に、深くかかわるプロフェッショナルな職業であるチャイルドマインダーの世界へ、皆様が、その第一歩を踏み出していただけるよう、お願い申しあげます。

代表取締役社長 西内 久美子

Page Top