How to work チャイルドマインダーとしての働き方
資格取得後、保育事業をスタートするための充実したサポート

work-thumbnail work-thumbnail

チャイルドマインダーとして働くには

“チャイルドマインダーの資格を取得”—さて、その資格をどのように活かす? NCMA,Japanでは、資格取得後、確かな収入となる仕事が行えるように、さまざまなバックアップ体制を整えて、プロへの道筋をつけ、末長くあなたをサポートしていきます。

チャイルドマインダーとしての“自分の働き方”を決めよう!
チャイルドマインダーの働く形態は、大きく分けると保護者や自治体と直接契約する「家庭的保育」と自治体や企業などが運営する保育所で仕事をする「施設型保育」があります。あなたのライフスタイルや希望収入に合わせて、最適な“働き方”を自由に選びましょう。

>> チャイルドマインダーとしての働き方

定期研修会にてスキルアップ・仲間との交流

work-01

NCMA.Japanには、キャリアセンターという会員サービスがあります。チャイルドマインダーの資格を取得し、キャリアセンターに登録した会員をINDEPENDENT ChildMinderと呼称します。チャイルドマインディングの業務を、「独立」し、継続して行なっていただくためにさまざまな支援を展開することがキャリアセンターの目的です。
訪問形態でのチャイルドマインダーを希望する人には、自治体や企業からの依頼による施設保育や個人宅で行なう訪問保育のご案内をします。
一方、自宅や場所を用意して行う在宅保育による開業を希望される方には、NCMA.Japanのロゴの入り認定看板の貸与やチラシ・名刺などの営業ツールの作成に必要なロゴの提供を行ない 保育者への訴求を、より印象的なものになるようにバックアップ支援をしています。
自宅保育を開業する場合、国や自治体などによって定められた安全基準に従い、保育環境を安全なものに整えていく必要があります。キャリアセンターでは家庭的保育の希望者が円滑に開業できるよう、どんなポイントに留意すべきかなどについて、家具の置き方や固定の方法、ドアでの指挟み事故防止策まで、具体的な改善方法について専門家が細かくアドバイスを行なっています。

定期研修会にてスキルアップ・仲間との交流

work-01

自宅保育、訪問保育にかかわらず、チャイルドマインダーとして事業を展開するにはお住いの自治体へ様々な申請書類の提出が求められます。
キャリアセンターに登録すると煩雑な行政の対応方法のサポートを受けることができます。

定期研修会にてスキルアップ・仲間との交流

work-01

キャリアセンター会員サポートのひとつにチャイルドマインダー総合補償制度というのがあります。これは、もしものときの賠償責任保険に団体で加入できる権利です。
大切なお子様をお預かりするために、チャイルドマインダーとして必ず用意しておきたい補償制度です。

定期研修会にてスキルアップ・仲間との交流

work-01

資格を取得した後、「どうやって預かる子どもを見つけたらいいのか」「いきなりひとりでチャイルドマインダーデビューするのは不安だ」など、チャイルドマインダーの不安はさまざまです。キャリアセンターでは、一人で保育ができるようになるまで先輩チャイルドマインダーのもとで時給、日給が支払われるような働き方をサポートしていきます。
訪問保育や自宅保育を希望する保護者とのマッチングや、チャイルドマインダーとしての活動をせずに施設勤務を希望する人には全国各地の保育事業者への就職支援も行なっております。

Page Top